准看護師として働くメリット・デメリットとは?

准看護師求人、仕事のメリットとデメリット

看護師の資格には正看護師と准看護師があります。
ここでは、准看護師のメリットとデメリットは、どこにあるかを説明いたします。
ちなみに准看護師の求人は下記でチェックしてください。

まずは准看護師のメリットです。
一番目は将来的にみても安定的な収入が見込めることです。
看護師と比較すると准看護師の給料水準は低くなります。

――この点については看護師資格では劣っている部分ですが、
あくまでも看護師と比較した場合で他業種と比べると給料水準は髙いです。

看護師よりも給料が安いですから准看護師を給料水準の低い職業を思ってしまう
かもしれませんが、そんなことはありません。

准看護師でも一つの職場で勤務をしていると最終的な年収は500万円以上に
なるでしょう。けれども看護師であっても職場を転々を転職ばかりしていると
年収は500万円未満で退職を迎える場合もあるのです。

二番目は看護師と同じ仕事ができることです。
看護師は看護師資格と准看護師資格に区分されていますが具体的にする
仕事はどちらも同じなのです。

患者様に対する責任も同じで准看護師だから責任が低いことなどありません。
准看護師資格でありますが国家資格を持つ看護師と同等の仕事ができるのは
メリットになると思います。

それでは准看護師求人のデメリットはどこにあるでしょうか?
一番目は自分の判断によって活動できないことです。
准看護師の立場は医師や看護師をサポートすることですから何かの行動を
起こす場合には医師か看護師の指示が必要になります。

決して例外はありません。
緊急事態であっても医師や看護師の指示がなければ動けませんから、
もどかしく感じることもあるでしょう。

二番目は将来的に役職に就くことができないデメリットがあります。
准看護師には役職がありません。
看護師資格を持っていれば将来、看護師長に出世する可能性もあります。
けれども准看護師は何年・何十年働いても准看護師のままでしかないのです。

以上、准看護師のメリットとデメリットはどこにあるかを説明いたしました。
准看護師として長年仕事をするには強い意志としっかりとしたモチベーション
を持つことが大事です。

国家資格ではありませんが、国家資格を持つ看護師と同等の仕事ができること
にやりがいを持ち仕事をするのが良いでしょう。
もちろん准看護師から看護師へキャリアアップする人たちも多いです。

専門病院での仕事について

看護師は様々な職場で活躍していますが、専門病院もそのひとつです。 ただ、専門病院での仕事が気になっているものの自分に合っているのかいまひとつ判断できないという人もいるかもしれません。

まず、専門病院がおすすめなのは一つの科目を極めたいと思っている方です。 専門ということからも分かるように、専門病院では一つの科目に特化した技術や知識を学ぶことができます。

もちろん、その科目に深い興味がなければなりませんが、総合病院では学べないような知識を得ることができるでしょう。

逆に、一つの科目ではなく様々な科目を幅広く学びたいと思っている方には専門病院が向きません。将来的にどのような技術・知識を持った看護師になりたいのかということをよく考えたうえで専門病院での就職を検討してみてはどうでしょうか。

総合病院で興味がある科目を学ぶということも可能ですが、必ずしも希望する科に配属してもらえるとは限りませんよね。

全く興味がない科に配属されてしまい、やりがいを感じられないという人もいるようです。 また、総合病院で希望する科に配属されたとしても、定期的に部署異動があります。 そういったことがないように、初めから専門病院を選んだほうがいいでしょう。

専門的に学べることが魅力の専門病院ではありますが、働いている間に別の科目に興味を持ったという理由で退職する人が多いようです。

求人件数はそれほど多くないので情報探しにはある程度時間がかかることも考慮しておいたほうがいいでしょう。20~40代の方が幅広く活躍しています。

ブランクについては休職をする前に希望するのと同じ科目で働いていたという場合は特に問題ありませんが、全く経験がないということだと厳しくなってしまうかもしれません。

まだ経験をしたことがないけれど興味があるという理由だけで専門病院を選んでしまうと、想像とは違っていたということもあるかもしれません。こういったことを避けるためにも、まずは総合病院などで様々な科目に触れたうえで専門病院を選ぶといいですね。

総合病院での仕事について

これから看護師として働きはじめようと思っている方にもおすすめなのが総合病院です。 総合病院では様々な科目を取り扱っているため、たくさんの知識や情報に触れることができます。

また、研修や教育体制が充実している病院が多いというのも大きな特徴です。 看護師としての知識を深めたい、認定看護師を目指したい、経験に不安があるという方からも人気があるので、スキルアップやキャリアアップにも向いているでしょう。

一年ほど看護師として働いた経験があるけれど、まだまだ自信がないという人もいますよね。 そういった人を対象に研修を行ってくれる総合病院もあるので、安心して働くことができます。

また、いずれは専門的な科目で活躍したいと思っているものの、自分に合っている科目がどれかわからないという方にもおすすめです。

科目内容の知識があったとしても、具体的な仕事内容などは実際に働き始めてみなければわからないものですよね。総合病院で実際に仕事をすることにより、本当に自分が知識を深めたい科目かどうかということを判断できるでしょう。

看護師として長く働きたいと思っているのであれば、将来的には認定看護師や管理職を目指したいと考えている方も多いはずです。そういった場合にも様々な知識を幅広く学べる総合病院は経験しておくと有利です。

総合病院の中には認定看護師の支援制度を取り入れているところもあります。特にその病院で必要とされている科目の認定看護師資格について力を入れているところが多いので、どの分野の資格取得をサポートしているか確認しておいたほうがいいでしょう。

注意しなければならないこととして総合病院の中には残業が多いところもたくさんあります。 どれくらい残業があるかというのは選択する病院によって違うものの、専門病院などに比べると総合病院のほうが残業が多いと言えるでしょう。

また、一人一人の患者さんとじっくり向き合うことが難しいケースもあります。 というのも総合病院では患者さんの入れ替わりが激しいため、信頼関係を築く前に患者さんと離れてしまうこともあるのです。