准看護師として働くメリット・デメリットとは?

准看護師求人、仕事のメリットとデメリット

看護師の資格には正看護師と准看護師があります。
ここでは、准看護師のメリットとデメリットは、どこにあるかを説明いたします。
ちなみに准看護師の求人は下記でチェックしてください。

まずは准看護師のメリットです。
一番目は将来的にみても安定的な収入が見込めることです。
看護師と比較すると准看護師の給料水準は低くなります。

――この点については看護師資格では劣っている部分ですが、
あくまでも看護師と比較した場合で他業種と比べると給料水準は髙いです。

看護師よりも給料が安いですから准看護師を給料水準の低い職業を思ってしまう
かもしれませんが、そんなことはありません。

准看護師でも一つの職場で勤務をしていると最終的な年収は500万円以上に
なるでしょう。けれども看護師であっても職場を転々を転職ばかりしていると
年収は500万円未満で退職を迎える場合もあるのです。

二番目は看護師と同じ仕事ができることです。
看護師は看護師資格と准看護師資格に区分されていますが具体的にする
仕事はどちらも同じなのです。

患者様に対する責任も同じで准看護師だから責任が低いことなどありません。
准看護師資格でありますが国家資格を持つ看護師と同等の仕事ができるのは
メリットになると思います。

それでは准看護師求人のデメリットはどこにあるでしょうか?
一番目は自分の判断によって活動できないことです。
准看護師の立場は医師や看護師をサポートすることですから何かの行動を
起こす場合には医師か看護師の指示が必要になります。

決して例外はありません。
緊急事態であっても医師や看護師の指示がなければ動けませんから、
もどかしく感じることもあるでしょう。

二番目は将来的に役職に就くことができないデメリットがあります。
准看護師には役職がありません。
看護師資格を持っていれば将来、看護師長に出世する可能性もあります。
けれども准看護師は何年・何十年働いても准看護師のままでしかないのです。

以上、准看護師のメリットとデメリットはどこにあるかを説明いたしました。
准看護師として長年仕事をするには強い意志としっかりとしたモチベーション
を持つことが大事です。

国家資格ではありませんが、国家資格を持つ看護師と同等の仕事ができること
にやりがいを持ち仕事をするのが良いでしょう。
もちろん准看護師から看護師へキャリアアップする人たちも多いです。